バレエのレベルアップになぜストレッチが必要なのか | バレエレベルアップ整体ブログ

バレエのレベルアップになぜストレッチが必要なのか

バレエ整体,上達,ハイスペックストレッチ,レベルアップ

バレエレベルアップ専門ハイスペックストレッチ整体・バランス&コンディショニングです。

 

バレエのレベルアップになぜストレッチが必要なのでしょうか?

 

まず、身体の柔軟性を高めて、身体のしなやかさを作るにはストレッチが1番効果が高いと言われております。

 

バレエでは、身体の柔軟性(可動域)の高さが表現の幅に直接影響します。

 

脚でも前・横・斜め・後ろに高く上げ、カンブレのように腰を大きく反ったり、グランパドシャのように大きくジャンプをするので全身の柔軟性やしなやかさが必要になります。

 

日頃からストレッチがどれだけ入念に出来ているか、いないかで他のバレエダンサーとの身体の柔軟性に差が出ます。

 

たまにお家でストレッチする方と、毎日ストレッチを入念にする方では比較にならない位、差が出てしまいます。

 

バレエ教室のレッスンの中でもストレッチに当てるお時間は、バーレッスンとセンターレッスンに比べると大変短いです。

 

柔軟性を出せるだけのお時間はありません。

 

バーレーンとセンターレッスンをしているから筋肉の柔軟性が高まるのではないかとお思いの方もおられると思いますが、

 

筋肉を使うという事は筋肉を収縮(硬く)させるという事です。

 

運動は筋肉を収縮させる連続になるので、筋肉は強化されますが、筋肉自体は硬くなってしまいます。

 

バレエのレッスン後は特に筋肉を使い終わった後なので、筋肉は大変硬くなります。

 

ですからレッスンが終わった後はストレッチを入念に行い、伸びやすい筋肉に戻してあげる必要があります。

 

しかし、レッスン後に教室でストレッチを入念にするお時間をかける教室はほとんどと言っていい程ありません。

 

そうなれば、バレエを習っているのに筋肉は強化されますが筋肉を硬くしてしまって帰る事になります。

 

お仕事柄、沢山のバレエダンサーや新体操選手・フィギュアスケーターなどの柔軟性向上のサポートをさせて頂いておりますが、小学生低学年よりも小学生高学年、小学生高学年よりも中学生、中学生よりも高校生の方、高校生の方よりも成人の方のほうが、筋肉自体の硬さは増していきます。

 

 

お家に帰ってからストレッチをあまり行っていなければ、中学生や高校生にもなると大袈裟ではなく、筋肉が板や石のように硬くなります。

 

バレエを習っていれば、日に日に柔らかくなると思いがちですが、バレエや新体操も他の運動やスポーツと同じく筋肉を固める連続になりますので、結局身体を柔軟性にするには、ストレッチがどれだけ出来ているかにかかってきます。

 

ストレッチは何故身体を柔軟性にする効果が高いかと申しますと、ストレッチを入念に行うと筋線維だけではなく血管までもが若返る効果が認められる為です。

 

毎日入念なストレッチが行われていれば、筋肉は老化せずに使うことが出来ます。

 

毎日入念なストレッチをしていても、伸ばしていない筋肉があれば、その筋肉自体は硬くなり続けます。

 

前後開脚や横開脚だけでは、バレエに必要な筋肉は伸び足りておりません。

 

1つ1つの筋肉に対して入念なストレッチを行う事が全身をしなやかに保つ秘訣です。

 

バレエ専門ハイスペックストレッチ整体バランス&コンディショニングでは、バレエに必要なご自分では到底伸ばす事の出来ない筋肉の奥までストレッチを入れ、筋肉を一気に柔軟にしていきます。

 

ご自分でストレッチをして柔軟性を高める事を考えるとかなり柔軟になるスピードを早める事が出来ます。

 

何年もかけて、硬くした筋肉ですので1回目のストレッチの施術より2回目、2回目のストレッチの施術よりも3回目の方が筋肉はより柔軟になります。

 

筋肉の硬さが増す小学生高学年や中学生・高校生、大人バレエの方は何回か通われた方が積み重なった筋肉の硬さは取れやすいです。

 

筋肉が柔軟になるスピードを高めて身体のしなやかさを出し、バレエのレベルアップを早めるなら断然バレエレベルアップ専門ハイスペックストレッチ整体バランス&コンディショニングがおススメです。

 

心よりお待ちしております。


 
バレエ整体,バレエ,柔軟性,トップページ バレエ整体,バレエ,柔軟性,アクセス バレエ整体,バレエ,柔軟性,アラベスク バレエ整体,バレエ,整体,アラセゴン バレエ,整体,ストレッチ,アンディオール バレエ整体,腰痛,足首痛,股関節痛 バレエ,整体,大人バレエ,ストレッチ